SEがフリーになるとどう変化する?TOP > フリーSEの年収について

フリーSEの年収について

昨今では多くの会社員として働いていたSEがフリーSEへと転職しています。これはフリーランスのことで、個人事業主もしくは個人企業法人になり、企業や団体、組織で働いていない人のことを指し、要はサラリーマンではないということです。

最大の利点はなんといっても給料の高さです。また、仕事を自分で選ぶことができるのも大きなメリットです。
ただし個人で仕事を行うわけですから実力と経験は非常に重要になってきます。
このため最初は会社で業務や営業を積んだ人が目指す場合が多いです。

個人事業ですから開業届けが必要です。青色申告する場合には届出も行わなければならず、やや手間はかかります。とはいえ最近ではネットに方法などたくさん載っていますのでさほど苦労せず開業することが可能です。
年収は成果報酬型なのでほぼ能力給と言うことができます。本人のスキルや経験により大きく収入は上下します。
IT関係だけではなく、もちろん営業においても確実な技能が求められます。
このためフリーSEの収入はピンからキリまで存在します。
能力があればあるほど収入は増えるので実際に年収1000万円以上の人も大勢存在します。このため能力を有する多くの人が転向しますが、能力がないにも関わらず転向してしまうと逆に収入が少なくなる可能性すら存在します。
とはいっても転向時期さえ間違えなければ多くの場合収入の面で大きなメリットを生むことができます。

ただしデメリットとして様々なことで手間がかかるようになります。
健康保険や年金は自分が払う必要があります。一般的に転向することで収入が2倍以上増えることは多くありますが、各種税金や交通費等も自分で払うことになりますので、実際には1.4倍程度の収入上昇が多いです。

オススメページ集