SEがフリーになるとどう変化する?TOP > フリーでSEとなるなら在宅という選択肢もある

フリーでSEとなるなら在宅という選択肢もある

SEも会社に直接雇用されるのでは無く、フリーで始めるのなら通勤の必要の無い在宅という選択肢が発生します。
この在宅勤務というシステムは、殆どの職種の人からすれば耳慣れないかもしれませんが、要するに会社に通勤せずに自宅で仕事ができる勤務形態のことです。
そのような一見無茶苦茶な勤務形態ですが、それを可能とするのがSEというIT職、そのIT関連企業のインターネット環境なのです。

自宅と会社にインターネット回線が繋がっていれば、お互いにその場にいなくても共同で作業を進めることができますし、最近ではクラウドサービスと言ってデータそのものをネット上に置き、同時に複数でそのデータを扱い作業を進めるサービスも充実しています。
今やネットを介した在宅でのアウトソーシングは当たり前の勤務形態であり、多くの企業がコストを削減するためにどんどんとり言えている勤務形態となっています。
ただし、この勤務形態は企業に直接雇用されていないという条件も付け加えておかなくてはなりません。
企業にとって直接雇用するならやはり会社の現場で直接働いてもらいたいと思うものであり、自宅で勤務を許可するのは殆どが外部委託です。

自宅でSEを始めたいと考えているなら、直接雇用は難しく外部委託が殆どであるということを覚悟する必要があるでしょう。
会社の後ろ盾の無いフリーは多くのリスクを個人で背負うことになりますが、同時に様々なメリットもある働き方です。
なによりもまず、普段から慣れ親しんだ自宅で仕事ができることが働くストレスをどれだけ緩和してくれるか計り知れません。
職場でのストレスが問題となる中、自分の心身を守る為にもフリーで自宅で働くという選択肢を考え始める時代となってきています。

オススメページ集